So-net無料ブログ作成
検索選択

天然石パワーストーン卸問屋 Bトレード [アクセサリー問屋]

天然石・パワーストーン雑貨・とんぼ玉・山珊瑚等
商品ラインナップは充実
一番のお勧めは価格がとにかく安い!
下記で私のが購入した商品を紹介します。
天然石・パワーストーン卸問屋 Bトレード
天然石・パワーストーン卸問屋
タイガーアイブレスレット ラウンド 約12mm
タイガーアイブレスレット ラウンド 約12mm
卸価格は非公開なので掲載しませんがワンコインで買えます。質も良いです。
2000円で販売した所すぐ売れました。
アクセサリーパーツ マンテル
アクセサリーパーツ マンテル
こちらはアクセサリーパーツです。用途はブレスの留め具として使います。
Bトレードさんでは10セットペアで販売してます。
この商品は1ペアで販売したのですが。卸価格は2ペア分なので
薄利多売ですが、商品ラインナップとしては重宝します。
天然石・パワーストーン卸問屋
バッグハンガー ■ラインストーン■ 6個セット
今、雑貨店や服飾店などでもお店の片隅に置かれてる商品です。
名前の通り、外出先などでバックの置き場が無いときにテーブルなどに設置して
バックを掛ける事ができます。
旬物なので今が買い時かもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

クォーツ・ルチルクォーツ [クォーツ・ルチルクォーツ]

クォーツ:普通のカメレオン

もしあなたが水晶球の中をじっと見るなら、あなたは用途が広い宝石、地球上の最も人気が高い宝石の1つを見るでしょう。
美しいクォーツ、古代に水晶球とボールを作るために使われる「ロッククリスタル」は、今日ゴールドジュエリーにセットされているのをよく見ます。アメジスト、シトリン、アメトリン、ローズコーツ、オニックス、アゲート、クリソフレーズ、ルチルコーツ、その他のコーツはその人気にもかかわらず、価格が安いために多くの人が受け入れています。

歴史を通じて、クォーツは、ダイヤモンドからヒスイまでのより高価な宝石のために代理として、宝石のカメレオンでした。けれどもクォーツの信じ難い多種多様さは今正当に評価され始めています。

パープルからヴァイオレットのアメジスト、イエローからオレンジのシトリンは人気が増加し続ける宝飾品の要です。アメトリンは一つの宝石の中にパープルとイエローを持つアメジストとシトリンの合体した物です。カルセドニーの異なった色とタイプは、彫刻された宝石が認められるようになったので人気が出てきました。そして ドウルーズイ クォーツ、この石の表面はきらきらしたクオーツでカバーされてい増す。又内部に光る金の針による風景画を持ったルチルコーツのような特別なコーツが特別なジュエリーに多様性と芸術的美しさを与えています。

ローズクォーツ

クーツの青白いピンク、それは透明から半透明ですが、ローズクオーツとして知られています。色は非常に青白いピンクです。透明なローズクォーツは非常にまれであって、そして通常非常に青白いので、大きなサイズのものを除きあまり色が出ません。半透明のローズクオーツはもっと利用可能であって、そしてビーズ、カボション 、彫刻と建築の目的のために使われます。

スモーキークォーツ。

スモーキークォーツ茶色の透明なクォーツで、特別なカットに使われることがあります。は茶色の宝石に対する限定された需要のために市場が限定されています。この石は過去においてスモーキートパーズとして知られていましたが、これは誤りです。何故ならこの鉱物はトパーズでなくクオーツだからです。

タイガーアイ

タイガーアイクオーツはゴールデンイエロー色を引き起こすブラウンの鉄を含んでいます。カボションカットに切られた石がトラの目に似ているシャトヤンシー(表面の上の光の小さい光線)を示します。この石は、南アフリカ、オーストリア西部、ビルマ、インドそしてアメリカで採掘されています。

ロッククリスタル

ァ明、無色なクオーツはロッククリスタルとして知られています。永い間、ロッククリスタルは、氷がぎっしり詰ったものであると考えられていました。クリスタロスは{凍った」の意味です。最も良いロッククリスタルは水の明快さとちらちらする光を持ちます。
無色のクォーツが比較的普通であるけれども、大きい完ぺきな標本はクオーツではありません。それゆえに最近はクリスタルボールがガラスから作られている理由です。ロッククリスタルは特に彫刻品としてジュエリーに使われます。多くの魅力的なアール・デコ宝石デザインが、ロッククリスタルとオニックスの黒、そして白いクォーツの組み合わせを優れた特徴としました。クオーツの力に関する伝説の人気ゆえに
無色のクオーツが人気が高くなりました。多くの人々がクォーツ結晶を身につけることは人の健康と精神に役立つと信じています。

ルチルクオーツとトルマリンクオーツ

インクルージョンのない透明なクオーツが価値がある一方、ある種類の石ではインクルージョンゆえに価値があります。これらの最も人気が高いものは ルチルクォーツとして知られています。ルチルクオーツは、透明なロッククリスタルでルチルの金色の針がパターンで配列されています。すべてのパターンが異なっています、そしてあるものは圧倒的に美しいです。インクルージョンは時々ヴィーナス髪と呼ばれます。あまり良く知られていない物に、トルマリンのようなクオーツがあり、金色のルチルの代わりに黒やダークグリーンなトルマリン結晶を持っています。黒やダークグリーンなトルマリン結晶を持っています。

カルセドニー

ひとつの結晶で形成されるのでなく、細かい粒状の結晶で出来ているのがカルセドニーです。カルセドニーの種類は、透明なクオーツより多いです。メノウは縞があり、ブラッドストーンは緑地の上に赤いスポットがあり、モスアゲートはベジタルパターンを持っています。ジャスパーは時々風景画の絵のようにみえます。もうひとつの主なものは黒いオニキスやカルセドニークオーツで、その黒い色は昔から今まで続いている染の技法によります。昔評価されたカルセドニーであるカーネリアンは、鮮やかなブラウン系オレンジ色と透明度を持ち、認印付のリングとシールのために人気がありました。クリソフレーズは明るいリンゴのようなグリーンの透明なカルセドニーですが、もっとも価値があります。
この石は、明るい緑の石好きであったフレデリック大王の特にお気に入りでした。
これはセントウエンセラス チャペルを含む美しいプラハで、建物を飾っているのを見ることが出来ます。クリソフレーズはオーストラリアで産出されます。クロムやバナジュームにより緑の色が出る宝石とは違って、クリソフレーズはニッケルからその色を得ています。その明るくムラのないいろは、ビーズ、カボション、カービングにするのに適しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

タイガーアイ [タイガーアイ]

開運暗示:全体運、金運、仕事運、勝負運、自己実現、決断力、実行力、積極性、強力な邪気祓い
■こんな人に:仕事運を上げたい。開業のお守りが欲しい。ビジネスチャンスをつかみたい。勝負に勝ちたい。痴漢やストーカーから身を守りたい。金運・ギャンブル運を上げたい。優柔不断な性格を直したい。積極的になりたい。自分に自信をもちたい
■相性の良い方位:西、南西、東北 ■対応チャクラ:へそ下
■解説
 とにかく強力な石です。古代より、金運はもちろんあらゆる吉運を招くとされ、強力な邪気払いとしても用いられてきました。

 持ち主の心に意識のコアのようなものを創り出し、信念を強化。自信と活力を与え、実行力をサポートします。直感力が研ぎ澄まされるので、何かを始める時は、踏み出した先に何が待ち受けているのかを察知させ、難を逃れ、獲物を確実に捉えさせてくれます。自己実現の石といえるでしょう。

 ただし、注意していただきたいのは、この石がすべての欲望を満たしてくれるわけではないということ。当人が本当に必要としているものを捉える力を与えてくれるのであって、誤った願望や単純な欲望は逆に遠ざけてしまいます。力を持つ物はそれなりの責任も必要とされるということでしょうか。

 また、邪気祓いとしての威力も相当なもの。厄を放つ「邪眼」を防ぐとされるので、女性にとっては、覗き、痴漢、セクハラ、ストーカー対策の護符として力強い見方になります。なにしろ、番犬どころか虎を一匹飼うようなものですから。玄関に置けばピッキング除けにもなるでしょう。

 引っ込み思案の人や、コンプレックスに悩んでいる人には、生気を補給し、明るく積極的な方向に導いてくれます。もちろん、ビジネスの戦場を渡り歩く人、商売繁盛を願う人、直感力が必要なギャンブラーなどには打ってつけで、一つは持っておくべきでしょう。

 ただ、誰かと激しく争っている場合などには、火に油を注ぐ結果にもなりかねないので、使う状況をよく見極めてください。虎同士を戦わせたり、龍虎を争わせるような真似は避けた方が無難でしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

水晶 [水晶]

水晶の発色原因は主に不純物の混入と放射線による結晶格子欠陥によるもので、主要構成元素によるものではない。紫水晶、黄水晶、煙水晶、黒水晶の発色原因はいずれも、不純物欠陥に電子(または正孔)が捕獲され特定のエネルギー準位をもつもの(色中心、カラーセンターという)で、紫水晶、黄水晶は鉄イオン、煙水晶、黒水晶はアルミニウムイオンが関連している。

紫水晶
紫水晶(むらさきすいしょう)は紫色に色づいた水晶。アメジスト (amethyst)、アメシストとも呼ばれる。紫色の発色はケイ素を置換した微量の鉄イオンによる色中心が原因と考えられている。尖っていて、細長く装飾品に使われる場合は研磨される場合が多い。
黄水晶
黄水晶(きすいしょう)は黄色に色づいた水晶。シトリン (citrine) とも呼ばれる。黄色の発色は紫水晶と同じように鉄イオンによる色中心が原因で、黄水晶と紫水晶の色の違いは色中心のエネルギー準位が違うと考えられている。天然の黄水晶の産出は少なく、市場に出回っている黄水晶のほとんどは紫水晶を熱処理して黄色にしたものである。黄水晶の薄い黄色はトパーズに似るため、シトリン・トパーズとも言われ、安価なトパーズの代用品として使われる。また、トパーズと偽って売られる場合もある。
紅水晶
紅水晶(べにすいしょう)は薄いピンク色に色づいた水晶。ローズクォーツ (rose quartz) とも呼ばれる。
煙水晶
煙水晶(けむりすいしょう、smoky Quartz)は灰色に色づいた水晶。ケイ素を置換した微量のアルミニウムイオンが特に多量の放射線を受けると色中心となり、光を吸収するため灰色に見える。受けた放射線の量が多いほど色が濃くなる。
黒水晶
黒水晶(くろすいしょう、morion)は不透明と言えるほど黒く色づいた水晶。色の濃い煙水晶との区別は、結晶構造が破壊されたもの、表面に透明感のないものなどと言われることもあるが、黒水晶と色が濃くなった煙水晶を区別する明確な定義は存在しない。アメジストに放射線照射をして色を付ける場合が多い。
レモン水晶
レモン水晶(レモンすいしょう)は硫黄により黄色に色づいた水晶。結晶の間に硫黄が入ったために黄色に色づいて見える。

[編集] 変わり水晶
山入り水晶
一度結晶成長が止まり、再度結晶成長をしたもの。中の結晶と外側の結晶の間に不純物が入り込むと結晶の境界が目で確認できる。このため、中に含まれる結晶の頭部が山のように見える。ファントムクォーツ(幽霊水晶)とも呼ばれる。
松茸水晶
成因は山入り水晶とほぼ同じだが、先に晶出した水晶の先端に外側の結晶が大きく成長し、まるでキノコのような形になった水晶。
ススキ入り水晶
水晶の結晶中に電気石などの柱状の鉱物がインクルージョンとしてあるもの。細い苦土電気石が入り込むとほのかに緑色にみえ、まさにススキのように見える。
草入り水晶
水晶の結晶中に緑泥石などの不定形な(あるいは草のように見える)鉱物がインクルージョンとしてあるもの。インクルージョンの形によって苔のように見えたり、毬藻のように見えたりする。インクルージョンが緑泥石のように緑色のものは、まさに草入りというにふさわしいものがある。
水入り水晶
水晶の結晶中に空洞があり、それが液体で満たされているもの。閉じ込められた液体は、水晶の成長当時の環境を保存していると考えられる。空洞中に液体と共に気泡が入っている場合があり、結晶を傾けると空洞中の壁に沿って気泡が移動するのを観察できることがある。
日本式双晶
日本式双晶 (Japanese-twin) は2個の結晶がξ面((1122) 面)を双晶面として84°33′の角度で接合した、多くハート形の双晶 (twin crystal)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

アクセサリー問屋 [アクセサリー問屋]

夏に向けアクセサリーが売れ出すこの季節
今から仕入れても早すぎる事はありません
アクセサリーなどは老若男女問わず人気の商品なので
非常に扱い安い商品です。
また時計などのように故障など無いので
クレームなども少なくて初心者にもオススメです!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

問屋 [問屋]

問屋(といや、とんや)とは、現代における一般的意味としては卸売業者を指すが、歴史用語及び法律用語として用いられる場合は異なる意味を持つ。詳細はそれぞれの節に記す。


[編集] 一般的意味
卸売業者のこと。

[編集] 歴史上の意味
鎌倉時代に運送、倉庫、委託販売業を兼ね、後には、一般の商品も取り扱うようになった組織問丸に由来する。室町時代には問屋と呼ばれるようになり、やがて運送専門や卸売専門に業種分化しても、各々が問屋と呼ばれた。
江戸時代、領主と住人の仲介者として宿場町の自治行政を行うと共に問屋場を管理した町役人(宿場役人)の長。多くは本陣を経営した。
廻船問屋は江戸時代に至っても運送業と卸売業の性格を併せ持ったままであった。

[編集] 法律上の意味
問屋(といや) - 取次を営業としておこなう商人のひとつ。

商法で、自己の名をもって他人のために物品の販売又は買い入れをすることを業とする者と定義されており(551条)、問屋の行う売買は他人の計算においてなされる。つまり、問屋は自己の名義で取引を行い取引の相手方に対する権利義務の主体となるが、その取引による損益は委託者に帰属する。問屋の収入は、取次の引受けに対して委託者が支払う手数料である。一般的意味における問屋(とんや=卸売業)は自己の計算で商品を買い入れ、販売しているので、法律上の問屋ではない。

問屋営業の典型例として、証券会社における証券の売買仲介(ブローカレッジ)があげられる。

自己の名をもって他人のために物品の販売又は買い入れ以外の行為をすることを業とする者を準問屋といい、問屋の規定が準用される

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。